2018 / 09 <
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
> 2018 / 11

サイト内本文検索

キーワードを(数字アルファベットは半角で)入力してください。空白をはさんで複数ワードを指定可能です。
二次創作アンソロジーの作者名はこちらをご利用いただくと探しやすいです。

ひぐらしのなく頃に絆(1)

ひぐらしのなく頃に絆 1巻

 カドカワコミックスエース(角川書店)
 版型:B6版 2011/ 3/26発売 978-4-04-715660-9

 原作:竜騎士07/07th Expansion、
      Frontier Works、Alchemist
 著:日向ののか

コンシューマー版「ひぐらしのなく頃に絆」に収録された
オリジナルストーリーを新たな視点でコミック化。
刑事 南井巴と公由夏美を中心に描かれます。
原作からのキャラは、刑事つながりで大石が登場。

 <収録話>
 ・第1話 エリートと浮気話
 ・第2話 親心、子知らず
 ・第3話 目指せ! 都会っ子
 ・第4話 変わりゆく日々
 ・第5話 夏美と暁。ときどき千紗登
 ・第6話 忍び寄る影

(初出:月刊コンプエース2010年11月号~2011年4月号)

 1巻 / 2巻(完結)


 


 コンシューマーゲーム「ひぐらしのなく頃に絆」収録のオリジナルストーリー「染伝し編」「影紡し編」を新たな視点で描く作品。この2編がもともと「鬼曝し編」をベースにした物語なので、このコミックも、ゲーム未プレイでも「鬼曝し編」のサイドストーリーとして読める内容になっています。初めての方でも大丈夫と思いますが、コミック「鬼曝し編」を読んだことのある方ならさらに楽しめるのではないかと。
 中心となるのは、表紙になってる2人。刑事である南井巴と、公由夏美・・・この2人の視点でお互いの出会いやその後のつながりを描いていきます。鬼曝し編で出てきた夏美のクラスメイトたちや家族、巴の世話になっている上司やその友人として大石も登場。
 基本ほのぼのなんですが、でも実は横で鬼曝し編の惨劇への切欠も十分に匂わせてる展開です。
この巻の巻末あたりには夏美の過去話?も登場。鬼曝し編のとおりに進んでしまうのか、それとも。次巻ではいったいどうなっていくのやら・・・楽しみです。

▲一覧サイトに戻る  



ひぐらしのなく頃に書籍--コンシューマ版のコミック化 】関連の記事
 2011/11/25  ひぐらしのなく頃に絆(2)
 2011/03/26  ひぐらしのなく頃に絆(1)
 2011/02/26  ひぐらしの哭く頃に雀~燕返し編 (下)
 2011/01/26  ひぐらしデイブレイクPortable MEGA EDITION
 2010/07/27  ひぐらしの哭く頃に雀~燕返し編 (上)
 2010/03/26  ひぐらしの哭く頃に雀
 2009/10/26  ひぐらしデイブレイクPortable
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。